AW配管洗浄工法とは

AW配管洗浄工法は、美味しく安全な水と配管の機能回復に役立ちます。安全と安心を追求し、コストを最小限に抑えた工法です。

特に飲料用の配管に対して、安全で安心して配管をきれいにする方法はないだろうか?
そんな切実な要望から生まれた『AW配管洗浄工法』です。

洗浄に研磨剤、塗料、化学薬品の使用を止め、人体に無害なAir(空気)とWater(水)のみを使用して洗浄する方法で安全と安心を追求しました。

空気の高速流体内に水を混入させ、空気と水の混合体を断続的に送り込み、脈動させ,衝撃,フラッシング,キャビテーション,擬似ウォーターハンマーなど、相互・相乗効果により管内を効率的に洗浄するものです。

AW配管洗浄は、電気,化学的働きに依存しない全く物理的洗浄工法です。自然環境にも優しく完全無害、無公害を目指しております。

AW洗浄は、『AW配管洗浄開発元 株式会社マルコーの洗浄工法』です。

AW配管洗浄工法の効果

AW配管洗浄の洗浄前と洗浄後の写真

水道管は赤錆粒子、スライム、スケール,などでかなり汚れており、AW配管洗浄を行うことで管内を清浄にします。配管内壁面を傷つけず、水道水中に溶出してくる錆や汚れの原因物質を取除き、飲料に適する清浄な配管環境を作ることを目的としています。

水道管の内壁に長年かかって付着している物質は、水垢,スライム,スケール、赤錆粒子,などですが、これらを高速空気流と水の混合体を脈動的に送り込み物理的に洗浄,排出させ、管内環境を清浄にします。(古くから固着している硬い錆こぶなどは取れませんが、赤水・汚れ水の原因物質である管内壁や錆こぶ表面に付着した水垢状の赤さび粒子やスライムは、きれいに取り除きます)
AW洗浄は施工後即清潔な水の確保が出来ます。

しかし赤水の原因である鉄の酸化を無くす工法ではありませんので、鉄管内部では酸化反応(発錆び)が続いており、数年または十数年後には赤水や汚れ水を覚悟しなければなりません。そのためにAW洗浄と併せ、配管延命、酸化抑制対策をお勧めしています。
(ご質問・ご相談・資料請求はご遠慮なくお申し出ください)

このような事でお悩みのお客様に最適

下記項目で1つでもチェックがついたら、AW配管洗浄工法を使用した水道管の洗浄をおすすめします。

  • 水道の蛇口より濁った水や赤水がでる。
  • 赤水の予防の為にメンテナンスをしたい。
  • 食品などを取り扱う為、衛生面で清潔な水に気を配っている。
  • 飲料するにあたり、健康面で水には関心がある。
  • 配管の寿命など延ばしたい為、メンテナンスに気を配っている。
  • 工場の配管にトラブルが出る事がある。

※工業用の各種配管から、一般家庭まで幅広く対応いたします。 特に配管交換ができない場合や、長時間の断水が不可能な場合では洗浄による効果が絶大です。
また、飲料用水に赤水が混ざる等、改善に緊急を要する場合でも即日解決を目指します。

※既存の配管に殆ど手を加える必要もなければ、断水の時間も短く、ご迷惑をお掛けする事がありません。
通常なら断水時間は洗浄時のみですので、朝晩は通常通り水を使うことができます。

ご相談

AW配管洗浄、配管について、どんな事でもご相談を承ります。また、電話、メール、FAX等どんなご相談でも結構です。見積は、無料になりますので、お気軽にお声掛けください。

初めにマンションの設備の調査・診断をしましょう。 給水管の改修にあたって、事前に調査・診断をすることにより、配管の劣化状況や改修費用が把握でき、修繕計画に反映できます。 給水管の配管診断・調査も承っております。

  • 電話、メール、FAX等でご依頼下さい。
  • 給水管の残存寿命や管内の汚れ具合を調査します。調査結果に基づき、適正な工事の提案をさせていただきます。
  • 調査・診断報告書を基に、どの工法で行うか、じっくり検討していただきます。(AW配管洗浄工法の見積も合わせて、提出させていただきます。)

AW配管洗浄工事の作業手順

現場調査
どのような工事の手順で進めていくか、工程を煮詰めていきます。
コンプレッサーの配置場所の確認を致します。工事用水の場所の確認を致します。
準備
洗浄にあたって、配管の送り口と吐き出し口の準備をします。
配管洗浄工事
A(空気)とW(水)の配管洗浄をおこないます。
キッチンのAW配管洗浄
復旧
配管の送り口と吐き出し口の復旧を行います。(オプション工事)
専有部内の配管洗浄については、蛇口のストレーナー清掃、主なパッキンを交換しています。
通水
各蛇口で、通水確認をおこないます。
水圧試験
洗浄通水後、水圧試験を行います。
完了
完了検査をして、工事報告書を提出致します。