直結増圧給水設備工事

給水設備工事では高置水槽方式(既設給水方式)直結増圧給水方式(新規御提案の給水方式)の給水方式がございます。

直結増圧給水設備工事

それぞれの給水方式の比較については下記をご覧下さい。

  1. 高置水槽方式(既設給水方式)
  2. 直結増圧給水方式(新規御提案の給水方式)

高置水槽方式(既設給水方式)

高置水槽方式の概要図

高置水槽方式の概要図

※給水ポンプは実際には地上に設置されております。

高置水槽方式の原理

水道本管から一旦受水槽に貯留し、受水槽内の水を給水ポンプを使用し屋上に設置されている高置水槽に水を貯留します。高置水槽から各戸へは重力を使用し給水します。(現在の給水方式です)。

高置水槽方式のメリット

  1. 水道本管工事や自然災害により水道局からの給水が停止しても、受水槽に水が残っている間は各戸へ給水を行えるので断水にはなりません(およそ半日分)。
  2. 水道本管工事の際に受水槽一次側のバルブを閉じれば、濁り水の影響を受けず、断水もしません。

高置水槽方式の工事範囲

  1. 水道本管からの取出し工事を実施し埋設配管でマンション敷地内へ引き込みます。
  2. メーターバイパスユニットを設置致します。尚、メーターバイパスユニット以降の配管は露出配管とさせて頂きます。
  3. 増圧ポンプユニットを設置し配管を接続致します。尚、増圧ポンプ先の給水配管も新設しマンション1階倉庫まで敷設致します。その際、壁面のコア抜き実施致します。
  4. 増圧ポンプ設置に伴い不必要となる既設揚水ポンプは解体撤去させて頂きます。
  5. 倉庫パイプスペース以降の配管は既設共用給水管設置ルートと同様のルートで新設致します。その際、仮設配管を敷設し工事期間中は仮設配管を用いた給水となります。
  6. 新規給水立管の配管最上部に給排気弁を設置致します。
  7. 各階パイプスペース内の配管を更新致します。尚パイプスペース枝管更新範囲は立管分岐部からパイプスペース内最終継手とさせて頂きます。
  8. パイプスペース内配管更新時に場合によってはパイプスペース内天井を開口させて頂きます。尚、開口部はボードを使用し復旧させ必要に応じて点検口を設置させて頂きます。
  9. 増圧ポンプユニットへの電源は、既設給水ポンプの操作盤から新たに新設致します。尚、操作盤は電源ケーブルのジョイントボックスとして残置させて頂きます。

直結増圧給水方式(新規御提案の給水方式)

直結増圧給水方式の概要図

直結増圧給水方式の概要図

※給水ポンプは実際には地上に設置されております。

直結増圧給水方式の原理

受水槽及び高置水槽に水を貯留せず水道本管の圧力を使用し各戸へ給水をします。
また、水道本管の圧力では足りない時に、増圧給水ポンプユニットが作動し給水圧力を補います。
尚、マンション全体の給水に必要な圧力までポンプを用いて加圧致しますが、給水本管からの圧力では足りない分の圧力のみをポンプで加圧致します。

直結増圧給水方式のメリット

  1. 水道本管と直接接続されているので従来より新鮮で衛生的な水を供給することができます。
  2. 従来より、夏は冷たく、冬は暖かいお水を供給できます。
  3. 受水槽の清掃費用・検査費用が必要ありません。
  4. 受水槽の定期的な補修費用や交換費用がかからなくなります。
  5. エネルギーを有効利用できるため加圧給水方式に比べ給水設備の電気代が安くなります。(高置水槽方式からの変更の場合はポンプの運転時間が長くなり増加する場合があります。)
  6. 増圧ポンプで圧力設定た可能となる為、各戸での給水圧力を上げる事が出来ます。
  7. 停電時でも水道本管の圧力で給水可能です。※場合によっては上層階で断水となります。

直結増圧給水方式の工事範囲

  1. 水道本管からの取出し工事を実施し埋設配管でマンション敷地内へ引き込みます。
  2. メーターバイパスユニットを設置致します。尚、メーターバイパスユニット以降の配管は露出配管とさせて頂きます。
  3. 増圧ポンプユニットを設置し配管を接続致します。尚、増圧ポンプ先の給水配管も新設しマンション1階倉庫まで敷設致します。その際、壁面のコア抜き実施致します。
  4. 増圧ポンプ設置に伴い不必要となる既設揚水ポンプは解体撤去させて頂きます。
  5. 倉庫パイプスペース以降の配管は既設共用給水管設置ルートと同様のルートで新設致します。その際、仮設配管を敷設し工事期間中は仮設配管を用いた給水となります。
  6. 新規給水立管の配管最上部に給排気弁を設置致します。
  7. 各階パイプスペース内の配管を更新致します。尚パイプスペース枝管更新範囲は立管分岐部からパイプスペース内最終継手とさせて頂きます。
  8. パイプスペース内配管更新時に場合によってはパイプスペース内天井を開口させて頂きます。尚、開口部はボードを使用し復旧させ必要に応じて点検口を設置させて頂きます。
  9. 増圧ポンプユニットへの電源は、既設給水ポンプの操作盤から新たに新設致します。尚、操作盤は電源ケーブルのジョイントボックスとして残置させて頂きます。