内視鏡老朽度調査

配管診断は、専属の配管診断スペシャリストにて老朽診断・配管寿命等を診断調査致します。
配管の延命対策処置、改修工事の計画に是非とも配管診断をご活用ください!

内視鏡老朽度調査

※内視鏡老朽度調査の詳細は、内視鏡老朽度調査資料(PDF)をご覧下さい。

  1. 調査の目的
  2. 調査計画書
  3. 配管について
  4. 調査方法

調査の目的

近年、高層住宅による建築設備の劣化による障害が多発し、大きな社会問題となりました。

建築設備における配管の老朽化に伴う障害としては、体感的なものとして「赤水」などの着色や臭気があげられ、物質的には「水量不足」「排水不良」の現象、使用的には「漏水」などがあげられます。
そして、この大半の障害の原因は、配管材料自体の腐食に起因するものです。

一般的に配管の耐用年数は、建物自体より短い為、生活しながらこの部分についてのメンテナンスを施さなければいけません。

建物自体の維持管理の中においても、設備配管については生活の密着度も高く、現段階での老朽度を把握する必要があります。

調査計画書

事前調査
  • 内容の打ち合わせ、図面確認
  • 現場調査(現場調査)
  • 工程、御見積の作成
1次調査
  • 検査作業
  • 配管サンプリング
  • 内視鏡調査
2次調査
  • データ作成等
  • 報告書の作成
3次調査
  • 報告書、サンプルの提出
  • 改修プラン等の提案

配管の名前の用途

配管の名前と用途

  • 給水管 ・・・ 飲料水の配管(室内の水栓全箇所)
  • 雑排水管 ・・・ 生活雑排水管(台所・浴室・洗面・洗濯)
  • 給湯管 ・・・ お湯の配管(台所・浴室・洗面・洗濯)
  • 汚水管 ・・・ トイレの配管(トイレのタンクへ)
給水・給湯・雑排水

調査方法

配管のサンプリング

現在使用している配管の一部を抜き取りサンプルとする。
採取したサンプルは半分に分割し、管内部の状態が目視にて確認できるように加工する。
使用材質や用途により一方を酸洗いを施し、残存肉厚の測定を行う。(SGP管)

酸洗い無(給水管VLP)と酸洗い有(雑配水管SGP)

配管の内視鏡調査

口径の小さい配管に対して、管内部に内視鏡を挿入して、管内部の確認を行う。
管内部の錆瘤の発生状況や汚れ等の付着状態の確認を行う。

配管のCCDカメラ(管内テレビカメラ)調査・・・主に排水管

共用竪管(立管)や埋設されている横引管の内部にCCDカメラを挿入して管内部の状態をビデオ又は静止画(ビデオカメラ)にて撮影を行う。

配管の超音波厚さ測定調査・・・主に排水管

配管外部より超音波厚さ計にて残存肉厚を測定し、残存年数の算出を行う。
適用配管材は主に配管用炭素鋼鋼管。

配管のX線透過試験・・・主に排水管

配管外部からX線を透過し、管内部の状態の確認を行う。
サンプリング等が困難な場所や排水機能等の停止ができない場合に行う。

※上記詳細は、内視鏡老朽度調査資料(PDF)をご覧下さい。